« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004.07.30

日高路

IMG_9484.JPG

EOS Kiss Digital
SIGMA 8mm F4 EX CIRCULAR FISHEYE
EF17-40mm F4 L USM
EF70-200mm F2.8L IS USM
EXTENDER EF1.4X II

真夏の太陽が照り付ける中、日高門別まで行って来ました。
その時の模様をGyalleryにアップしました。

午前中に家を出て道央道に乗り門別まで。
しかし途中で道東道に入ってしまいました。その時自分では何の疑いも持たずに快調に高速を飛ばしていたのですが、途中で道路標識が夕張まで○○Kmと出てきてやっと間違いに気づいたのです(爆)
次のICは終点夕張です、さて終点まで行って戻ってくるしか手は無さそうです。しかしオイラはとんでも無い行動に出たのです。前後に車のない事を確かめて対面通行の中央にあるポールの隙間からUターン!ギャハハ~~~。
これはとんでもない道交法違反ですかね?きっとそうに違いない・・・。
何はともあれ30分程時間をロスして無事に門別に着きました(*^^)v

まずは日胆サドラーで買い物をしたいというお客様の要望でそこに向かいます。その後は子馬を見ようと日高ケンタッキーファームまで行って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.23

Gallery

先日購入したソフトでGalleryを作ってみました。
まだ未完成ですが徐々に画像を増やして行きたいと思います。
左のメニューのGalleryからもメインサイトからも行けますので、暇な方はご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.11

ID for WebLiFE

image01_L.jpg

デジタルステージという会社からID for WebLiFEが発売された。
このソフトは誰でも簡単にフラッシュを使ったサイトが構築できるのである。オイラのサイトもフラッシュで作っているのであるが、いかんせん更新作業が大変である。
よって殆ど更新はしてない状態が数ヶ月続いている・・・。
知人のあおべんさんが早速このソフトを購入してリニューアルしたのでちょっと覗いてみると、たったの一時間程でかなり出来上がっているみたいだ。
お~これは便利なソフトに違いないと確信した。

最近は写真を撮って楽しんでいるので、このブログに貼り付けたりしているのだが、やはり画像を閲覧するという感覚ではブログは適していない気がする。やはりブログというのは時系列で記事を読む事が一番の目的として作られている。
そういう意味合いでいくとやはり日記的な要素が大きい。まあ、日記として使ってる人が大半であろう事からも伺え知る事が出来るのであるが。

話はID for WebLiFEに戻るが、オイラみたいな物ぐさでありながら見栄えのするサイトをと思ったらこんな良いソフトは他には無いだろう。
ただ一つ危惧するのは、これを使うと没個性なサイトになり似た様なのばかりが氾濫する事になりかねない。
そんな事考えながらもしっかりとゲットしたオイラであった(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨続き・・・

IMG_8872.jpg

EOS Kiss Digital
SIGMA 8mm F4 EX CIRCULAR FISHEYE

梅雨の無い北海道なのに最近はず~っと雨ばかり。
カラリと晴れ渡り、清々しい気分になれる事がこの時期の天候なはずなんですが一体どうした事でしょうか。
こんな天気じゃワンコ連れ出しての撮影もできないし。
もっぱら家の中でパシャパシャやってます。
しかし今ひとつマンネリした画像ばかりになってしまったりします。ワンコも全然遊び回らないので生き生きとした表情が撮れません。
この雨模様はいつまで続くのやら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.09

撮影会

IMG_8815.jpg

EOS Kiss Digital
EF17-40mm F4 L USM

昨日はあおべんさんと何処かに撮影に行こうと計画立ててましたが、生憎の雨・・・結局中止になりました。
しょうがないからサーブのカブリオレを見に行こうと云う事になり某ディーラーまで行ってきました。そこにオペルスピードスターがあり、とってもカッコ良かった~。一度乗ってみたいものです。

今日はミルクの撮影をしてみました。昨日トリミング直後に撮影したのですが、イマイチ納得がいかず再度チャレンジです。今回は柔らか~いイメージを出してみようと試みましたが、どうでしょう?
ちょっとトップの毛が白とびしてますが・・・こんなもんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »