« 夕日 | トップページ | お出迎え »

2006.09.13

そうだ!旅行に行こう!

Dsc_0172
※画像クリックで拡大
【撮影機材】
NIKON D2H
Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D

この前の休日は雨が降ったりでどこにも連れて行けなかった。
テラスも濡れてたので遊べず、ワン達は退屈そうに家でゴロゴロ。

そうだ!連休は皆連れて一泊旅行に行ってくる事にするよ。いつものワンOKのオーベルジュ予約しとこう。
ちょっと遠いしお値段も張るけどたまにはいいか~。
広~い敷地の中で思いっきり走り回るがいい。

Img_30131
【撮影機材】
EOS Kiss Digital
EF70-200mm F2.8L IS USM
EXTENDER EF1.4X II

D2Hも修理から戻ってきたし、暫くはこいつを使ってみるか。NIKONは初めて使うから、なかなか使い勝手が解らず試行錯誤の繰り返しだ。
Canonとは微妙に露出等が違うんだ。
失敗写真でも量産してくるか~。

【追記】
何だかアクセス多い割りにコメント少ないのは、メアド必須だったからだな。ってことでメアド無しでも書き込み可にしといたよ。
某掲示板からのお客さんが多かったのにね(笑)
やっぱ匿名でしか何にも出来ない奴ばかりか(^。^)y-.。o○

|

« 夕日 | トップページ | お出迎え »

コメント

わぁー超久し振りです。masaです。
ココログのアクセスランキング1位になってたから来てみたら茶々パパさんだったんですね!驚きました。
僕の所は1年以上前から更新してないです(汗)
カメラも埃被ったまま放置状態。忙しいのを言い訳にしてダラダラしてました。
僕もカメラ持って旅行に行きたくなりました。楽しんできて下さいね。

投稿: masa | 2006.09.13 10:29

先日はご馳走さまでした。
連休も羨ましいけど、旅行も良いなぁ~(^_*)
我が家のワン達は、今年はドックランにも連れて行ってないです(;>_<;)
旅行でリフレッシュ&楽しんで来て下さいネv(^o^)v

投稿: ランクル母さん | 2006.09.13 10:35

一泊旅行いいね(^^)
NIKON、使いにくかったらちょうだいね(^▽^)

投稿: ルカ | 2006.09.13 11:22

はじめまして。私は札幌に住んでいるものです。申し訳ないのですがスパム防止のため、メールアドレスの記載は失礼させていただきます。

今回は思わぬことで大変な思いをされていることと思います。匿名性を利用して人を貶めるようなことゆるせないと思います。ですが、どうか今一度奥様がされたこと、考えていただきたいと存じます。私も犬は大好きです。でも世の中には犬が嫌いな人もいます。公共の場でのノーリード等、犬嫌いは犬好きが作っているといっても過言ではありません。犬が嫌いならドックランにくるなということはわかります。でも公共の場で犬を怖がる人に対しての思いやりをどうか持ってください。

何かを訴えるとき、人はその訴える人の人間性を見ます。悪い政治家の言うことが嘘っぱちに聞こえるように犬と人間の共存を考えず、自分の犬メインでしか考えられないような人間のいうことは、まったく説得力がないと思うし、百代ちゃんのことを語ってほしくなかった。厳しい言い方で申し訳ございません。悪いところは反省し、伝えたいことを伝える、難しいことではないと思います。訳のわからない人たちに、屈するのはいやだという気持ちはわかりますが、これは勝ち負けの問題ではなくモラルの問題であることどうかご理解ください。

投稿: みなみ | 2006.09.13 11:25

うちは田舎ですが、公園のノーリードってあたりまえだけどねぇ
都会の人はやっぱり言うことが違うね!
まったくもって都会人はたいへんだなぁ

投稿: いそどり | 2006.09.13 16:33

うちは田舎だけど、公園でノーリードはしません。万一小さいお子さんに危害を加えたら、責任持てませんからね。
それに札幌の公共施設はノーリード禁止なはずです。
日記に対するコメントではないので深くは言いませんが、上記のコメントにフォローだけつけさせていただきました。

投稿: nori | 2006.09.13 18:54

初めてお邪魔します。
自分はブログ主さんが言われてると思われる某掲示板(2ちゃんねるですよね?)から来た者です。
そこで聞きたいのですが、何故わざわざ某掲示板の名前を出して挑発するような文章を載せたんでしょうかね?ブログ主さんは某掲示板利用者に何かされたんでしょうかね?
わざわざ挑発するという事はそれなりに不満があっての事と思いますがそれはどんな理由なんでしょうか?匿名を望むのは、一般人なら当然の感覚だと思いますよ。人間は誰しも虚栄心が強くはないし、某掲示板利用者ならどんなに正論を述べても個人情報を晒す事が自分の不利益に繋がる事を理解してますから。
閑話休題
今現在、その某掲示板では飼い主のマナーに関する話が中心となっています。
その事に対するブログ主さんのコメントは見当たりませんが、どのように感じているのでしょうかね?
良かれと思ってはいないが、過去の行いを認めたくない(目を当てたくはない)からコメント無しなのか、はたまた悪い事とは思っていないのか…
是非お聞かせ願いたいですね。
追伸
自分はアドレスを載せときますね。

投稿: 札幌市民 | 2006.09.13 19:21

日記に対するコメントではありませんが
私が行く公園では、人様が来ない時間にだけ(深夜や早朝)
犬を遊ばせてもらっています。
もちろん人様優先の公園ですから、人様に危害を加えるなどと言うことがないようにみんなで細心の注意を払っています。
ノーリードで遊ばせていました。

上記のコメントにフォローになるのかどうかはわかりませんが。
これも実際の話です。

投稿: hitomi | 2006.09.13 21:44

masaさん、こんばんは!
久し振りだね!たまには写真とてアップしてね。
楽しみにしてるよ(^_-)-☆

投稿: 茶々パパ | 2006.09.13 22:43

ランクル母さん、こんばんは。
先日は有難うございます、また近くにお越しの際は是非寄ってくださいね。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.13 22:44

ルカくん、久し振りだね。
カメラは自分で汗水流して買いたまえ(笑)

投稿: 茶々パパ | 2006.09.13 22:46

順番がちがうけど・・・
いそどりさん、はじめまして!
私自身はノーリードを推奨してる訳でもありませんし、肯定もしていません。
いそどりさんがお住まいの所は何処かは解りませんので何と返答してよいのやら・・・。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.13 22:50

noriさん、はじめまして。
何だか変わりにコメントして頂いたような感じになってしまいましたね、申し訳ありません。
仕事が終わらないとレスも付けられませんので。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.13 22:53

みなみさん、こんばんはレス遅れて申し訳ございません帰宅が毎日遅いのでご容赦下さい。
まずは、ご心配頂きありがとうございます。また丁寧なご意見の書き込み感謝いたします。


>でも世の中には犬が嫌いな人もいます。公共の場でのノーリード等、犬嫌いは犬好きが作っているといっても過言ではありません。

はい、みなみさんのご指摘の件につきましては全く持ってその通りだと私自身思っております。

>でも公共の場で犬を怖がる人に対しての思いやりをどうか持ってください。

私も妻のブログを読み返したところ、そのようなご意見が発せられるであろう事は理解できます。その時期の記事に関しては全く持って反論の余地はございません。
ひとつだけ付け加えるとしたら、ご存知かと思いますがココが失明してからは、もしかしてココが他所様にぶつかったりしたら困ると妻も考えノーリードは避けておりました。
週末は決まってドックランに通っておりましたから。

>訳のわからない人たちに、屈するのはいやだという気持ちはわかりますが、これは勝ち負けの問題ではなくモラルの問題であることどうかご理解ください。

別に私は勝ち負けの問題を重視している訳ではありません。
先に述べたように妻の悪かった点、至らなかった点については素直に認めます。
しかしながら、憶測の世界で勝手に決め付け、あたかもそれが事実のように記憶される事だけは避けねばなりません。何度も申し上げますが事実については素直に謝罪いたしますよ。
勿論、今後ノーリード等は絶対に私が許しません。

みなみさんのコメントには感謝いたします。

下記の札幌市民さんにこれからコメントする言葉と重複するのがあるかと思いますので、札幌市民さんへのコメントも併せてご覧下さい。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.13 23:16

札幌市民さん、はじめまして。
コメントの中に?が多いのでひとつひとつ。

>自分はブログ主さんが言われてると思われる某掲示板(2ちゃんねるですよね?)から来た者です。

>そこで聞きたいのですが、何故わざわざ某掲示板の名前を出して挑発するような文章を載せたんでしょうかね?

私は別に2ちゃんねるとは名指ししてませんが?掲示板って2チャンネルだけですか?思い込みが激しすぎるんじゃないでしょうか。

>わざわざ挑発するという事はそれなりに不満があっての事と思いますがそれはどんな理由なんでしょうか?

私は別に挑発などしておりませんが?皆さんがコメント付けやすいようにしただけです。いけないことですか?アクセスが1000オーバーでコメントが無いって寂しいなと思っただけです。

>人間は誰しも虚栄心が強くはないし、某掲示板利用者ならどんなに正論を述べても個人情報を晒す事が自分の不利益に繋がる事を理解してますから。

あなたの論理だと不利益ならなければ何を書いても良いってことですね?覚えておきます。

>今現在、その某掲示板では飼い主のマナーに関する話が中心となっています。
その事に対するブログ主さんのコメントは見当たりませんが、どのように感じているのでしょうかね?

私がコメントする理由は?

>良かれと思ってはいないが、過去の行いを認めたくない(目を当てたくはない)からコメント無しなのか、はたまた悪い事とは思っていないのか…
是非お聞かせ願いたいですね。

私は認めたくないなんて一言も言ってませんよ。

それよりも他所の掲示板に出向いてまで何故私がわざわざコメントしなければならないのか?理解できません。

妻には結婚して以来最大の叱責をしました。それは百代ちゃん事件の件に関しても、他で言われているノーリードの件に関してもです。
妻は某掲示板も見ていないし、あれ以来ネットもしておりません。だから他所でどれだけ叩かれているかも完全には把握しておりません。
私は妻に対し口汚く怒り罵倒も浴びせました。その度に妻は涙を流し反省の意思を示しました。
これ以上妻を責めることも追い込む事も私には出来ません。それより心から反省してくれた妻と犬達を私はこの先も守って生きていかねばなりません。

さて、巷で噂の遺影の件なども妻がやったことではありません。私が言っても真実味がないかもしれませんが間違いの無い事です。
そういった憶測や空想の話の世界を妻に見せる訳には行かず、かと言って某掲示板で私が発言したところで聞き入れて貰えないでしょう。
そんな意味でもこのブログを再公開いたしました。
ご理解頂けたら幸いです。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.13 23:47

hitomiさん、こんばんは。
妻も最初は同じように迷惑を掛けまいと真夜中とか早朝に犬達を遊ばせてました。
しかしながら上記のように段々と慢心になり、日中でもたまにやっていたことは事実です。それに対しては否定しません。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.13 23:52

>>みなみさん、札幌市民さん

追記です

ブログの削除は私が命じました。
もうこれ以上ブログを続ける意味が無いと判断したからです。それがかえってこんな事態になった事は私の責任です、申し訳ありません。
多分、妻はもうネット上での自分からの発信はする事はありません。
しかしながらこの先友人等のサイトには遊びに行く事もあろうかと思います。その際には暖かく見守ってやって下さい。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.14 00:30

はじめまして。
私は 茶々ママのブログが大好きでした。

一度 コメントをのせた事もありました。
ご丁寧に 見知らぬ私にお返事をくださいました。
 
もう 茶々ママのブログが読めないのは残念ですが・・・  
いつまでも 応援しています。

茶々ママ 大好き♪

投稿: カルボナーラ | 2006.09.14 01:47

>茶々パパ

あんた、立派やな、"男"や。
わしもあんたと同じ飲食業界で店数件構えとる同業や。おそらく歳も近いやろ。だけどこんな事になった時、あんたほど潔く間違いを認め、詫び、そやけど、言われなき誹謗中傷には毅然と向き合う姿勢は真似できそうにない思うわ。

あんたの誠実なコメントは多くのバッシングを黙らせると思うでぇ・・・マジでな。

今回奥さんは親切心でちょいやり過ぎよっただけや・・・慰めてやり。

投稿: 代百 | 2006.09.14 03:47

カルボナーラさん、おはようございます
妻のブログ読んでらしてたのですね有難うございます。妻には伝えておきます。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.14 09:01

代百さん、コメントありがとうございます。
妻の犯した間違いは間違いとして認めなければ、周りで犬を飼ってる人の迷惑になりますし。その件で叩かれるのは仕方ないのです。
仰る通り言われ無き誹謗中傷には逆にお詫びをしてもらいたいと思いますよね。
ありがとうございました。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.14 09:06

はじめまして
正直言ってプログを立ち上げようとも
考えている最中でしたが、言葉を発する事の
責任という事に対し改めて考える機会を与えられました

茶々ママさんのプログの件については
どのような展開があったのか
くわしくはわかりません。ごめんなさい。
ただ今回のような事は、どんな立場であったにせよ
自己の価値観の違い或いは意見の違いを
認める事すら出来ず一方的な非難に走った
人たちがいたように私には、感じられました

犬の好きな人と嫌いな人との共存は難しいのでしょうが、飼う側のマナーがよかれと思って行っていても
犬の嫌いな人には、犬飼の傲慢と写っているのでは
ないかと思います。

茶々パパさん
プログは楽しく見させてもらって
そこから何かしら、犬を飼う人同士の
交流の輪が広がればと思います
できれば、茶々ママさんのプログ
再開祈りつつ、失礼させていただきます。

投稿: ショコビーパパ | 2006.09.14 10:44

はじめまして。
一つ確認したいのですが、某掲示板に書かれてた
茶々ママ様が膝の上にワンちゃんを乗せて運転
していると言うのは本当の事なのでしょうか?
もし、本当なら止めさせてください。
絶対に危ないですよね?自分は大丈夫と思ってたのでしょうか?
それでは飲酒運転の言い訳と同じです。
事故が起こってからでは遅いのです。
飲酒運転事故も飲んだら乗らなければ起きないのです。
ワンちゃんを膝に乗せながら運転しなければ
事故の確率も減ると思います。
これが嘘情報なら大変失礼しました。聞き流してください。
僕も交通事故で祖父を亡くしてからは、
マナー知らずの運転手が許せないもので・・・
茶々パパ様の誠実な対応はとても嬉しかったです。
旅行で気分転換して、茶々ママ様を癒してあげてくださいね。
長々とすみませんでした。

投稿: とおる | 2006.09.14 11:07

はじめまして。
自分は某掲示板からここを知って来た者です。
某掲示板の議論の様子を見て、茶々ママさんがこれからネット上で気持ちの良いつきあいができるように、何かアドバイスできないかと思い、ここに投稿させていただきます。
現在、某掲示板上で茶々ママさんを非難されている内容は私の見た範囲では以下の通りです。
・公共の場所でノーリード。
・公園の前での路駐。
・ミルクちゃんを膝の上に乗せて運転。(ブログの誤読かもしれないので真偽のほうは定かでない)
・ブログ上でノーリードも仕方ないとされる発言。
・ブログ上で公園内で犬を嫌う人たちへの暴言。またそのようなコメントへの賛同。
・ノーリードを指摘された途端に、謝罪も無く突然のブログ記事削除。(個人情報流失が原因だと思われますが、タイミング的にこのように思う方も多いようです) 等です。
以上のことを、茶々ママさん本人のブログ上で謝罪文や反省の意を示すこと(ここで少しでも不本意であるかのようなニュアンスが出てしまうと、返って騒ぎになります)で、騒ぎは収束へ向かうと思われます。中には謂れの無い誹謗中傷だと思われるようなこともあるでしょうが、茶々ママさんのネット上での悪い噂を取り除くため、どうかご検討の程お願いいたします。
追伸:件の犯人が書類送検されたそうですね。
私は百代ちゃんの捜索には茶々ママさんの顔の広さは必要不可欠だったと思います。

投稿: 埼玉県民 | 2006.09.14 20:15

シュコビーパパさん、こんばんは。
コメント有難うございます。

仰せの通り言葉を発する事の責任はとても重いものです。また、その言葉を理解してもらう事も難しいものだと痛感いたしました。
仮に私の書いたコメントを100人が読んで100人が納得出来るとは到底思えません。逆に反感をかう事もあるだろうし、揚げ足を取られる事もあると思います。
私は30年料理の世界に身を置いてますが、100人のお客様が居たとして、全ての方に満足を与えられるものとは思っておりません。何故なら嗜好は10人十色ですから、口に合わない方も居られる訳です。
それと同じで私の書いた事もそれぞれ考えが違う方が存在する以上、100%理解頂くのは無理と承知しております。
それは犬好き、犬嫌いの方々にとっても当てはまる事でしょう。今は社会生活の中で暮していく為には、犬を飼ってる者のマナー等が問われる時代でしょうから、茶々ママの過去の軽はずみな行動は褒められたものではありません。
その辺は私と妻共々反省しております。
注意してやらなかった私も悪いと思いますので。

ショコビーパパ様のコメントはしっかりと胸に刻ませていただきます。有難う御座いました。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.14 23:10

とおるさん、こんばんは。
コメント有難う御座います。

我が家で車で移動の際には、ダル2頭は後部座席に乗せています。急ブレーキに備え運転席と助手席の間に仕切りを付けて万が一に備えてます。
プードル2頭はいつも私の体とセンターコンソールの間に身を沈ませてます。信号待ちの時などは膝の上に乗って来て外を眺める事はあります。しかし、発信の際には所定の位置に戻します。
妻のブログにて膝の上に乗せてと書いてあったかどうかは知りませんが、犬の行動から見ると同じように乗ってると思いますが、何かの拍子で膝の上に乗って来ていたという事も充分にありえますよね。これからはそのような事が無いように充分気を付けて運転するように伝えておきます。
最近は飲酒運転の事故の報道がやたらと目に付きますね、事故の恐ろしさは妻が一番よく判っているはずです。丁度一年前に妻は事故に遭ってるので、とおるさんの意見は人事とは思わないでしょう。
ありがとうございました。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.14 23:25

埼玉県人さん、こんばんは。
コメント有難う御座います。

何度も埼玉県人さんのコメントを読み返しましたが、ブログ主の私にコメントを求めているのでしょうか?
それとも妻にブログを立ち上げ謝罪の意を示せと仰せなのでしょうか?どうも頭の悪い私にはその辺がなんとも・・・。
上のコメントに書いたように妻は充分反省をしていると私自身は受け止めております。ネット社会の怖さも充分感じたはずです。

某掲示板からきたのであれば埼玉県人さんもご存知の事とは思いますが、昨日の私のコメントに対しても違う方向へと導く為のネタにすぎない人々は存在するのです。勿論、私は今回の件で某掲示板には目を通してます。
事実を書き込みしてる方も居られれば、空想や妄想で書き込みしてる方々も多数存在してますよね。
第3者から見ればどれが真実でどれが架空の話なのかは判断できないと思います。それゆえ殆どの方が全てが事実と認識してしまいます。
匿名でのバーチャルな世界にはそんな怖さも存在するという事です。
したがって、妻がブログを立ち上げ謝罪や反省などの文を書いた所で意味が無いと私は思います。

事件の犯人が書類送検されたという事は先程知りました。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.14 23:44

はじめまして。
茶々ママさんのブログいつも楽しく拝見させて頂いてました。 ここの所、忙しくて全くブログを読んでいなくて、久しぶりにお邪魔したらブログが閉鎖されていて大変驚きました。どういった経緯で、ブログを閉める事になったのか、詳しいことはわかりませんが、今私が感じることは、茶々ママさんのブログが読めなくなり、ただ残念に思うばかりです。
実は、もう覚えてはいらっしゃらないかと思いますが、2年ほど前の10月か11月位に樽川公園ドッグランで茶々パパさん、茶々ママさんとそして4匹のワンちゃん達と初めてお会いしました。ノーマちゃんが、茶々丸君と私のワン(名前はケンと言います。)を間違えた事や、ミルクちゃんがとっても美人さんだった事、ココちゃんも凄く美人でダルメシアンってカッコいいって思ったこと、茶々ママさんに、ワンの名前を聞かれ、『ケン君一緒に遊ぼう!』と言って下さった茶々ママさんがとっても素敵な人だと思ったこと、茶々パパさんの持っていたカメラが立派だったこと、時間にするとほんの数分程の出来事だったのかも知れませんが、今でも昨日のように鮮明に覚えています。
その日以来、私はすっかり茶々家の大ファンになりました。 何度も、ブログにコメント入れようと思ったりしたのですが、中々勇気がでなくて・・・。今年の春に、病院で茶々ママさんとココちゃんをお見かけしたので、何度か声を掛けようと思ったのですが、これもまた、恥ずかしくって、結局声を掛けることも出来ずに終わってしまいました。茶々ママさんの書く文章は、やさしくそして時には厳しく、私は大好きで憧れていました。ワンたちに掛ける愛情も軒並みならないもので、ブログを読みながら、またココオサを読みながら幾度となく私も涙しました・・。百代ちゃんの事件も、ショッキングで、ケンを抱きしめながら泣きました。いつか、また茶々ママさんに戻ってきて欲しいです。可愛いワンちゃん達の近況をまたブログで伝えて貰いたいです。純粋に茶々ママさんのブログをこよなく愛してる者がいることを、茶々パパさん、どうか茶々ママさんにお伝えください。今度、どこかでお会いすることがありましたら、今度こそは頑張って声をお掛けしてみようと思いますのでその時は、よろしくお願いします。長々と申し訳ありませんでした。

投稿: りんこん | 2006.09.15 01:03

りんこんさん、おはようございます。
今日は珍しく早起きした茶々パパです。

2年前のドックランは、きっとノーマの初ドックランだった日かと思います。ペットショップで売れ残っていたノーマを向かい入れ、まずは我が家の先住犬と犬社会の上下関係を覚えさせてからあそこに連れて行きました。楽しそうに走り回っていたノーマの姿を思い出します。
まだココの目が失明前だったので、ノーマはココの後ばかり追いかけてました。
その5ヶ月後にはココが失明し、なかなかあそこのドックランにも行く機会がなくなりました。
まだあそこのドックランには行ってらっしゃいますか?今度会ったら是非声を気軽に掛けてください。きっと妻も喜ぶことでしょう。

投稿: 茶々パパ | 2006.09.15 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕日 | トップページ | お出迎え »