2005.09.10

本日の特選素材

IMG_0757 IMG_0765 IMG_0766
本日は名古屋よりのお客さんの為に、北海道の豪華素材を贅沢に使った献立でした。
画像の鮭は鮭児(けいじ)という幻の魚。
偽者が氾濫したため本物には必ずタックが付いてます。およそ2キロ程の小さな魚体ですが、これで1匹が5万円オーバー(ーー;)
確かに美味しいですが・・・高すぎる!
毛ガニも久し振りに見る1匹が1キロの大物、花咲蟹が小さく見える。
キンキも釣りキンキと云って、普通は網で捕るのですがこいつは1匹ずつ釣り上げる高価な魚。それゆえ鮮度は抜群で刺身でいけちゃいます。
これだけの食材を一度に揃える事は二度とないような気が(爆)
IMG_0794 IMG_0797 IMG_0798
IMG_0801 IMG_0803 IMG_0806
IMG_0778
しかし・・・お一人様幾らになるのやら(@_@;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.12

お花見弁当

IMG_8775
EOS 20D
EF17-40mm F4 L USM

う巻き、キングサーモン塩焼き、きのこ湯葉巻き含め煮、豚の角煮、海老芋甘煮、べにあずま含め煮、花人参含め煮、高野豆腐海老射込み含め煮、筍粉節煮、椎茸肉詰め含め煮、手毬麩、絹さや、枝豆のサラダ、三色豆、牡丹海老塩焼き、帆立串フライ、ずわい蟹フライ、ローストビーフ、烏賊わらび焼き、いくら醤油漬け、漬物2種、苺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.26

TV取材♪

IMG_8688 IMG_8691
EOS 20D
EF17-40mm F4 L USM

本日、TVの取材があました。
STVの「どさんこワイド」という番組です。
放送日は3月31日の午後4時前からです。
北海道以外では放送されませんが・・・(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またつ謹製

IMG_8679 IMG_8678
EOS 20D
EF17-40mm F4 L USM

またつオリジナルのドレッシングです。
店頭販売もしてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.06

活ボタン海老入荷

IMG_8512 IMG_8598

北海道の噴火湾のボタン海老漁が解禁になりました。
店内の水槽で元気に泳いでます(#^.^#)
初日から入荷し、踊り食いをお出ししています。
食べた後の頭と殻は唐揚げにし、美味しい藻塩を付けて最後まで楽しめます♪

噴火湾のボタン海老漁は一ヶ月間で終了です。
秋には2週間程の解禁がありますが、活での提供は難しいようですので3月のお勧め素材です。

IMG_8594 IMG_8568 IMG_8544
IMG_8584 IMG_8607

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.21

料理写真撮り3

IMG_7634 IMG_7629 IMG_7622 IMG_7588
EOS 20D
EF50mm F1.4 USM
EF100mm F2.8 マクロUSM

夜のメニューの一部、左から

またつのお粥
海鮮手巻き
蟹たっぷりあんかけ出し巻き
タラバ蟹のタルタル焼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理写真撮り2

IMG_7607 IMG_7590 IMG_7609 IMG_7559
EOS 20D
EF50mm F1.4 USM
EF100mm F2.8 マクロUSM

夜のメニューの一部、左から

特大北寄貝ときのこのバター焼
名古屋コーチンの手羽先唐揚げ
トマトの蟹入り玉子サラダ詰め
牛ヒレ肉のステーキ風たたき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理写真撮り

IMG_7543 IMG_7537 IMG_7530 IMG_7522
EOS 20D
EF50mm F1.4 USM
EF100mmF2.8 マクロUSM

今日は新店舗のメニュー写真撮りでした
まずはランチメニュー♪
左から
旬彩御膳・かにめし御膳・またつ御膳・ランチプレート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.07

フェニックス洞爺クラブ

a0015923_13028.jpg
先日、車仲間とのオフ会で昼食会場にフェニックス洞爺クラブを利用した。そこは温泉街から離れた小高い所に洒落たたたずまいを見せていて、雰囲気は抜群に良い。ここはオーベルジュであるため、レストランのみの利用客も多いそうだ。
3種類のランチコースから各々好きな物を注文する。自分はメインを肉料理の豚フィレ肉のソテーにする事にした。これが実に美味であった。久し振りに豚肉の美味い料理を食べたという深い味わいであった。
ここは機会があったら、是非一度宿泊して料理を堪能してみたい所である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)