アクセス

  • ■店舗概要
    Id_2 :
    ::住所:::
    札幌市中央区大通西15丁目ニューライフ大通弐番館1階 地図

    :::電話:::
    011-616-0077
    :::営業時間:::
    17:30より (ラストオーダー21:00)
    :::定休日:::
    日曜・祝日 (祝日は不定休)

おまかせ料理

  • D1
    ※イメージ画像

    当店は完全予約制とさせていただいております。 前日までのご予約にて 料理5000円(税込5400円)より15000円(税込み16200円)までご予算に合わせて、旬の魚介を使ったおまかせ料理をご用意させていただいております。
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月30日 (土)

水槽

一年も二年も前から親爺が欲しがっていたもの・・。
水槽がようやくやって参りました。
今までの水槽の機械で上手く循環させることができそうだったので
カウンターの補強は親爺がDIYで(笑)。

益々「水槽が欲しい欲しい」と言っておりましたこのところ、
去年に引き続きホッケのお刺身の問い合わせが多く、更に特大活毛ガニの入荷情報も・・。
そんな矢先、ご縁のお陰様で水槽が設置できることとなり、お店が活気づいた様になりました。
ありがたいことでございます。

またつ女将。
Img_0782


2015年5月26日 (火)

天皇の料理番@テレビドラマ

日常は「夢見るおばさん」の女将はテレビドラマが好きなのでございます。
リアルな情報を好む親爺とは正反対なのですが、
最近親爺も一緒に楽しむドラマがございます。

天皇の料理番というドラマでございます。

視点は全く異なるようです。
親爺は主役の秋山徳蔵青年の修業時代を懐かしそうに観ております。

徳蔵は自身の腕を磨くために勤めている華族会館の休みや空き時間の隙を見て英国領事館の厨房に勉強に行くのですが、
毎回とにかく走る。走る。(笑)

それを観て・・親爺がぽつり・・・
「懐かしいなぁ・・オレも小僧の頃魚なんて触らして貰えなかったから休みの度に魚屋で魚捌かしてもらいに行ってたなぁ~
聞いたことは一回で覚えられてもこればっかりはなぁ・・やらないと(腕が)上がんねぇもんな」

次の週

徳蔵が先輩に嫌がらせをされ野菜の切り方が指示と違うと難癖を付けられ・・とうとう頭にきて先輩につかみかかる徳蔵。

今度は親爺が「ククク・・」と笑い出す。
今度は何を思いだしたのかと・・イヤな予感の女将。
「オレも入って直ぐの頃キャベツ切るの早い先輩がいて教えて貰ってよ~
洋食をしていた先輩でキャベツをこう・・云々・・・・(洋食と和食の野菜の切り方の違いを語り・・)
まぁ・・オレも得意になってキャベツを早く切っていたら・・副社長に『うるせぇ!』って言われたんだよ・・
確かになぁ・・その切り方は音が立つんだ・・
だけどよ!・・見習いのオレ(様)が一生懸命早くこなそうとしてるのによっ!
・・オレもあったまきて(頭にきて)持った包丁のまんま『何コラァ~!!』・・・ってなって・・・・(笑)

女将「ひぇ~そして・・?」
親爺「いやぁ~みんなに羽交い締めにされた」(笑)

暴走族もディスコも・・その時代にいながらも、まな板と包丁ばかりを見つめていた親爺。
なので今は懲りたいことや趣味などは何の文句もありません^^
車やカメラやパソコン一通りの趣味は落ち着きまして・・。

このところ一番に欲しかったもの・・・なんと・・水槽。(笑)

親爺に近しい方ならご存じでしょうが本当に多趣味なそして凝り性な親爺です。
けれど一番深く長く凝っているのは「料理」だけ。

そんな親爺をもり立ててやりたい、親爺の思う存分の食材を使わせてやりたいと思う女将でございます。

またつ 女将。


2015年5月24日 (日)

礼文島より

礼文島より初物が届きました。
キタムラサキウニ。
いつもながら身がぷっちり♪甘くて後味すっきり^^。それでいて濃厚。

色んな単語も形容も届かぬ旨さ~~♪
(このひとすくい容器に戻さず女将がお味見させていただきましたことは余計な記述でございますね^^)(笑)

初夏から夏の北海道の宝、
お楽しみ下さいませ。

またつ 女将。
11295620_848228481938413_7290208602


2015年5月 8日 (金)

京都より。

「夏も近づく八十八夜~~」

「お茶始まったよ~~♪茶葉も送ったから~」と京都宇治の友人から連絡が。
「毎年採れたての生茶葉の鮮度を保ちながら!送る!」に心尽くしてくれる友。
(生茶葉は天ぷらに)
そんな友の作る緑茶も格別です。ホッとするお味。

「またつのお茶は美味しいね~」とお客様にお声を掛けていただく度に友の労に感謝。

またつ 女将。

Cimg1656


« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »