アクセス

  • ■店舗概要
    Id_2 :
    ::住所:::
    札幌市中央区大通西15丁目ニューライフ大通弐番館1階 地図

    :::電話:::
    011-616-0077
    :::営業時間:::
    17:30より21:00
    :::定休日:::
    日曜・祝日

おまかせ料理

  • D1
    ※イメージ画像

    当店は完全予約制とさせていただいております。 前日までのご予約にて 料理10000円(税込10800円)より20000円(税込み21600円)までご予算に合わせて、旬の魚介を使ったおまかせ料理をご用意させていただいております。
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ

2008年7月14日 (月)

法事仕出し料理

度々、会議用配達弁当のご注文を頂くお客様より、「法事の仕出し料理を・・」と、
ありがたいご注文を頂きました。
かつて、ホテル勤務の頃のまたつ親爺は法事の料理などよく作っていたようですが、
またつでは初めての事。
当時「黒飯」等は外注・・・しかし、「手作り」が信条のまたつ!
またつ親爺は友人であるホテルの料理長W氏に電話。
最近の法事料理の傾向をリサーチする事からはじめます。
和食は(他のジャンルの料理もそうでしょうが)
基本や決まり事など、色々あるのですが、それもまた時代と共に少しずつ変化しているのも事実です。
食べる側(お客様)の趣向の変化も、しきたりの緩和も念頭に置きメニューを構成していかなければお客様の満足は得られないようです。
友人の情報を元に「お子様からご年配の方までご満足頂けるメニュー」目指し、
またつ親爺は仕込みに取り掛かります。
当日女将は「黒飯」の出来栄えに感激♪です。
料理の盛り付けの合間、切れ端を味見・・。^m^
少し、親爺に横目で睨まれながら(食ってないで早く他の準備しろ!って・・爆)
時計を見ると、時間ギリギリかも(~_~;)
無事、お届けして、空の容器を回収に行く時間。
回収した容器を店に持ち帰り、使い捨ての容器の処分や食器を洗ったりするのですが、
この瞬間が「お客様からのお言葉」を頂くときなのです。
店の名前も私たちの顔も知らないお客様が召し上がった後の配達弁当、仕出し料理の容器・・・。
その蓋を開けたとき、お客様の声が聞こえます。
この度の法事の仕出し料理、きっと喜んで頂いたのではないでしょうか・・。
殆どの容器は空っぽでした♪
言葉を交わすことの出来ないお客様の言葉も目を凝らして耳を傾けたらきっと心に聞こえてくるはず。
そして何より空の容器たちを見た親爺は何よりの励みをお客様から頂いた事でしょう。
またつ女将

Img_6130
う巻き、時鮭照り焼き、牛ロース野菜巻き、タラバ蟹天婦羅 えび真丈天婦羅、えび真引揚げ、丸茄子田楽 辛子蓮根、若鶏焼き物、帆立黄身焼
煮物(里芋、人参、椎茸肉詰め、もみじ麩、絹さや)
さくらんぼ、黒飯

2008年7月 2日 (水)

佃煮

先日、道南産の昆布を使い、佃煮を作りました。

佃煮は女将が(時々ではありますが)作ります。

ランチプレートの片隅に置かれる小さな小さな小鉢には「ご飯のお友達」または「箸休め」的なものをお付けしていますが、ある日、土佐醤油を作る際の、醤油に潜らせただけの鰹節が捨てられているのを見て思い立ちます。
鰹節の佃煮を作ろう♪
初めは従業員の食事用に・・・と作ってみましたところ、鰹の香りも良く、美味しいと(お世辞?)ランチの小鉢に使う事にいたしました。
それに気をよくした女将は昆布の佃煮に挑戦です。

昆布は道南産のものを使用。
煮物用の昆布を水で戻し細く切り、砂糖、醤油、みりんで煮込みます。
至って簡単な作り方ですが、片時も離れるわけにはいきません。
女将は小鉢を逆さまにしてご飯の上にかけ、美味しそうに食べるお客様の姿を想像しながらコトコトコトコト数十分。
出来栄えは・・・・
「昆布が美味しいのでどんな味付けでも旨い」という女将の感想でございます。
味は合格として・・・盛り付ける際・・・「あらら・・・昆布の太さや長さが手作り感満載(爆)」なのでした。(~_~;)
またつ女将

2008年4月22日 (火)

一年ぶりですか

Img_6062

Img_6064

更新も無いまま一年が過ぎてしまいました。
大いに反省しております。

今年は春の訪れも早く、なんともう桜も咲き始めました。
このまま行くとGWには桜は散っていそうですね。

先日、気の早いお客様からのリクエストで花見用料理の注文を受けました。大きめの重箱一段目が寿司、2段目が料理の詰め合わせ。
少し量が多すぎたかな?まあ足りないよりはましでしょう。

焼き物にキンキの粕漬けを作りましたが、これがまた旨い!
脂の乗ったキンキはそのままでも美味しいですが、ひと手間掛けるとさらに美味しく頂けます。

2007年3月14日 (水)

活牡丹海老

Img_8598

Img_8512

久し振りの更新です(^_^;)

やっと春の「活牡丹海老」が入荷しました!
プリプリの食感がたまりませんね。